バーテンダーさんに聞いた 誤解されていると思うこと






誤解1)バーテンダーは、「本当の仕事」を見つけるまでの「仮の姿」である
バーテンダーのなかには、昼間に学校に通っていたり、クリエイティブな職業に就いていたりする人がたくさんいます。将来の目標や「本当の仕事」を見つけたうえで、バーテンダーの仕事もこなしているわけです。もちろん、バーテンダーの仕事そのものに魅力や生きがいを感じて、これを「本当の仕事」と位置付けている人も数多くいます。

実はこの仕事、勤務時間の割には収入が高く、総合的に判断すると、バーテンダーの人生満足度は普通の人よりもかなり高いと言えるでしょう。

誤解2)バーテンダーは、午後まで寝ている
「こんな時間に何で起きているの?」

午前中に街で誰かに会うと、必ず言われる言葉です。バーテンダーは午前中は寝ていると思われがちですが、実際は常識的な時間に起床して普通の生活をしようと心がける人も多いのですよ。

誤解3)バーテンダーには、アル中が多い
実はバーテンダーには、あまりアル中患者はいません。バーテンダーの多くは「酔う」ためではなく、テイストを「知り」、「確認し」、「味わう」ためにお









バーテンダーさんは 女の方もいらっしゃるのですね。





バー とは 西部劇で 荒れくれ男どもが 酒で癒やす場所ですよね。


バーは 棒・・馬の手綱を結びつける棒があるから バー(bar)と言うそうです。





バーは男ばかりでした・・


接待の女が欲しいといえば お客さん 別の店に行ってくださいと言われた人もあるとか・・





下の映像に見れば・・ 女性のバーテンもいらっしるんですね。





・・・・!?





何かと 男女の別け隔てが無くなってきましたね。





アメリカでは 女人禁止のゴルフ場が 世論に押されて 女性会員も増えてきたとか・・


大相撲の土俵へも・・その内 上がるかもしれませんね。






























この記事へのコメント