パナマ文書」公開で ウクライナなど12カ国の首脳の名前

「パナマ文書」公開で懸念される“ハイパー円高”の可能性 | 日刊ゲンダイDIGITAL「パナマ文書」に世界各国の指導者が震え上がっている。  パナマの法律事務所が作成した、カリブ海などのタックスヘイブンに設立されたオフショア(非居住者向け)会社に関する文書のこと。1970年代から作成され、総数は1150万件。国際調査報道ジャーナリスト連合が今月3日、その一部を公開し、世界中を巻き込む大騒ぎになっ…

続きを読む

北朝鮮 拉致特別調査委員会の解体で中止i「残念」「覚悟していた」独自制裁の影響か?

拉致家族「残念」「覚悟していた」 北朝鮮が調査中止  :日本経済新聞北朝鮮で日本人拉致問題を再調査する特別調査委員会が解体を発表したことについて、帰国を訴え続けてきた被害者の家族らは12日夜、落胆や怒りをあらわにした。「残念だ」「覚悟していた」。先行きが一層不透明となったが、日本政府に今後も解決に向けた努力を続けるよう訴えた。  横田めぐみさん(失踪当時13)の母、早紀江さん(80)は「政府…

続きを読む