福島で子供の甲状腺ガン「数十倍」発見…放射線の影響否定に躍起になって政府側てなに

子どもの甲状腺がんで「家族の会」結成 福島福島第一原発の事故の後に甲状腺がんと診断された福島県の子どもの家族が悩みや治療の情報を共有するため「家族の会」を結成しました。  原発事故の後、福島県の検査で甲状腺がん、またはがんの疑いと診断された当時18歳以下の患者は166人に上りますが、県の検討委員会は「原発事故の影響は考えにくい」としています。一方で、がんと診断された子どもやその親は、孤立して悩み…

続きを読む